資料の紹介

 AR(Augmented Reality、拡張現実)とは、目の前の現実に対し、スマートフォンやスマートグラスなどのデバイスを通してバーチャルコンテンツを重ね合わせ、空間に物体や情報など様々なものを表現できるテクノロジーである。ゲームアプリに利用されたことにより認知度が高まり、今ではビジネスの現場でも業務の効率化や人材育成、広告やエンターテインメントなど多彩な分野での利用が進んでいる。

 例えば、建設業界では建機の配置の事前確認や施工進捗の確認などに活用できる。小売業界であれば、商品ピッキングのルートを表示して出荷作業を効率化したり、消費者が店舗に行かなくても仮想的な試着を可能にしたりできる。また広告業界では、新しい広告表現や仮想的なイベントの開催にも活用できるだろう。

 本資料では、ビジネスにおけるARの可能性と実現方法を解説する。VR(仮想現実)、MR(複合現実)との違いやARを導入するメリット、各業界での活用事例、イオンモールでの事例、さらには導入する際に必要となるツールなどを紹介している。今後、様々な業界でARの活用はさらに進むと予想されるだけに、どのような活用方法があるかきちんと把握しておきたい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。