資料の紹介

 経営者にとって、毎年の予算作成は重要かつ頭の痛い問題だ。多くの企業は、前年度の実績をベースに調整を加えて予算を作成することが多い。過去の実績を元にするため、事業環境が安定しているときには適した方法だ。しかし、企業環境が大きく変わったり、新事業に挑戦しようとしたりするときは必ずしもベストとはいえない。

 なぜなら、前年度の実績を基準にすると予算額が年々増加しがちなうえ、過去の実績を既得権として認める雰囲気が生じるからだ。これでは、予算の大幅な削減や予算項目の抜本的な見直しは難しい。では、慢性的な赤字に苦んでいる会社で、経費削減が必至という状況下では、どのようにして次年度予算を作ればよいのか。

 本資料は、「スカーフやストールを販売する専門店」を架空のシナリオで紹介し、どのように経営判断を下すかを3択クイズで問うものだ。あなたは、同店を先代から引き継いだばかりの若手社長。経理部長が作成した次年度予算は、予算段階ですでに赤字になっている。あなたは、どうような予算作成を指示すればよいのだろうか。3つの選択肢のどれを選ぶかで、あなたの経営者としての資質が試される。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。