資料の紹介

 エンドユーザーコンピューティング(EUC)とは、ビジネス現場の従業員やユーザー部門が、自らソフトウエアの開発・構築や運用・管理に携わることを意味する。現在のビジネスでは、顧客の要望や市場の変化に俊敏に対応しなければならない。そのためには、IT部門だけに依存しないEUCの取り組みは極めて重要だ。

 コロナ禍をきっかけにテレワークが広がり、今後はオフィス勤務とテレワークを組み合わせたハイブリッドワークが主流となるだろう。これをEUCの観点から見ると、オフィスでも自宅でもソフトウエアの開発・構築や運用・管理を安全に実行できる環境が必要になることを意味する。

 本資料は、ハイブリッドワーク環境下でもEUCを実現するための仕組みとしてVDIソリューションを解説する。VDIそのものは新しい技術ではない。しかし本資料で紹介するのは、エンドユーザーがオフィスにいても自宅にいても、またオンプレミス/クラウドのどちらの環境でも高いパフォーマンスとセキュリティを維持し、安定して利用できる最新のVDIソリューションだ。変化に対して俊敏に対応可能なEUCを実現できるインフラとして、注目したい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。