資料の紹介

 デジタル変革の下でデータ分析への投資は増加し続けており、多くの組織において、顧客満足度/ロイヤルティー、運用効率、収益、生産性などが改善されている。その一方で、データのさらなる増加に伴い、新たな課題も発生している。

 たとえば、データが細分化・複雑化することで、現場スタッフがすべてのデータに自らアクセスすることが難しくなり、データの管理や制御に課題が生じている。さらに、データを扱う人材も細分化・複雑化することによって、セキュリティとコンプライアンスのリスクが高まっている。

 本資料では、ビジネスへのデータ活用に関して、米IDCが世界規模で実施した調査の結果からアジア太平洋地域に着目し分析した内容に基づいて、現状を把握し、日本企業が直面する課題への対策を提言する。企業にとって、データがもたらす影響や価値を無視することはできない。先進的な組織と問題対処型の組織との格差が広がっている今こそ、差をもっと広げるため、あるいは縮めるために、新たな行動を起こすべき時だ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。