資料の紹介

 見込み客、顧客、消費者、取引先、従業員――。あらゆる人々に関する知見を得るためのカギとなるのがデータだ。めまぐるしい環境変化の中で、企業が顧客の心をつかむためには、従業員一人ひとりがすべての顧客データを分析し、その結果に基づいて判断を下し、先を見越した対応をとることが不可欠だ。

 そこで重要になるのが、複数の異なるソースに分散した顧客データを統合し、同じ画面で分析できるようにする「顧客データプラットフォーム(CDP)」である。CDP製品は共通して、データ管理、分析、マーケティング支援などの機能を備えているが、それぞれ重点を置く機能には違いがある。

 本資料では、社内に分散した顧客データの有効活用を目指す企業が、顧客データプラットフォーム(CDP)製品を導入する際に理解しておきたい知識を解説する。CDPの必要性や導入メリットを説明し、主要な機能や製品選択のポイントを示す。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。