資料の紹介

 物流業界では、市場が拡大する一方で、慢性的な人手不足や厳格化するコンプライアンスが運送会社の大きな負担になっている。こうした課題に対して、DX(デジタル変革)の推進によって解決を目指す取り組みが注目を集めている。その1つが、優れた配車管理システムを運送会社に提供する取り組みだ。

 効率的な輸送に、配車管理は欠かせない。荷物の積み合わせやシフト、配送ルートなど、複数の要素を組み合わせた計画が必要だ。事故や渋滞も発生するため、現場での対応には知識と経験の差が出る。それ故に属人化しやすいのだが、デジタル技術を活用することで、知識や経験がなくても効率化が見込める。ただ、配車管理システムを使いこなしてもらうには、圧倒的なわかりやすさと、使いやすいユーザーインターフェースが求められる。

 本資料では、運送会社の実務支援を行うWebアプリやモバイルアプリを提供している企業が、現場で誰もが使えるわかりやすい配車管理システムを開発するために採用したプラットフォームの導入事例について紹介する。現場で使ってもらえるシステムを作るためのポイントは、どこにあるか。ぜひ、資料を読んで確認してほしい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。