資料の紹介

 労働人口減少、働き方改革、2025年問題などへの対応策として、多くの企業が業務の自動化、デジタル変革、基幹システム刷新などを経営課題に掲げ、取り組んでいる。こうした状況では、「業務で情報がどのように作られ、変化し、流れているか」を、正確かつ迅速に視覚化することが重要になる。

 こうした場面で有効なのが、システムの稼働ログから業務処理の全パターンを可視化できる「プロセスマイニング」技術だ。従来、業務プロセスの分析は、「人」「お金」「時間」がかかる作業だったため、頻繁に実施できないうえ、現場の負担も大きかった。

 本資料では、業務の現状を正確かつ迅速に可視化する「プロセスマイニング」の仕組みについて解説したうえで、プロセスマイニングを支援するツールを紹介する。蓄積されたイベントログなどからプロセスの現状を視覚化し、改善点を抽出することで、全社的な視点での施策立案の助けになるという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。