資料の紹介

 コロナ禍によりテレワークを導入する企業が増加した。それは金融機関でも同様だ。高いセキュリティとコンプライアンスが求められる金融機関においても、在宅で安全に業務できる環境の整備が進んでいる。それが、電話・メール・チャット・ビデオ会議など最適な手段を選択できるユニファイドコミュニケーション環境だ。例えばMicrosoft Teamsなどがその代表例である。

 ただし、金融機関が他の業界と異なるのは、様々な厳しい法規制への対応を求められること。特に最近は金融のグローバル化、ボーダーレス化の下、監督当局からすべてのコミュニケーションと取引履歴を必要に応じて提出することが求められている。それは、テレワークが進んでいる現在の状況でも変わらない。

 本資料では、ユニファイドコミュニケーション環境のメリットとともに、総合的なレコーディングソリューションを解説する。金融機関向けの通話録音システムとしての実績があるうえ、Microsoft Teamsなどの最新環境とも親和性が高く、従来の通話録音だけではないトータルなレコーディングを提供できるとしている。テレワークを推進している金融機関は、ぜひチェックしたい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。