資料の紹介

 新型コロナウイルスの感染拡大でテレワークが広がり、ZoomやMicrosoft TeamsなどのWeb会議システムを導入する企業が急増した。4~5人の少人数であれば、これらのシステムでも問題ない。しかし、より大人数になると、会議室から参加するメンバーも前提としたビデオ会議システムが必要になってくる。

 ただし、ビデオ会議システムを使おうとしても、ネットワークがつながらなかったり、映像や音声が途切れたりするトラブルに遭うことがよくある。あるいは、映像・音声の品質の問題から誰が話しているのか分からなかったり、商品の色や質感を伝えられなかったりといった、根本的な問題に直面することも少なくない。

 本資料では、ビデオ会議にまつわる様々な問題を回避する仕組みを備えた最新のビデオ会議ソリューションを解説する。会議室にいる参加者を検知してそれぞれズームインして表情を映し出したり、複数の参加者の発話をクリアに聞き分けたりできるという。加えて、ネットワークをリアルタイムに分析し、その分析結果によって自動対応するAI(人工知能)機能などを搭載したネットワーク環境もセットで提供する。リアルに迫るその機能と実力をチェックしてほしい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。