資料の紹介

 新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに、多くの企業でリモートワークの導入が進んだ。ただし、同時に進んだのが二極化だ。リモートワークへの移行をきっかけに働き方を改革し、生産性向上など組織の成長を加速した企業がある一方で、マネジメントやコミュニケーションに課題を抱えている企業も少なくない。

 こうした状況に対し、「私たちはこれまで、すべての人たちが同じ時間、同じ場所に集まって、同じ行動をする前提に、働き方を最適化させすぎていた」と指摘するのは、作家でありワークスタイル変革のオピニオンリーダーである沢渡あまね氏だ。同氏は、優れた人材の確保やイノベーションの加速、効率化と生産性向上には「ハイブリッドワーク」が不可欠だと強調する。

 本資料では、沢渡あまね氏の主張を改めて紹介し、なぜハイブリッドワークが必要なのかを整理する。そのうえで、実践に必要な具体的な対策とそれを支援するプラットフォーム、成功事例を紹介する。組織が分断されていて何が起きているか分からない、「決まりだから」「慣例だから」といった理由だけで定例会議が行われているなど心当たりがあるなら、一度目を通してみてほしい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。