資料の紹介

 パンデミックより前、オフィスがコラボレーションや生産性向上の核として機能していた頃のデジタルツールは、対面で進める共同作業を補佐する存在にすぎなかった。しかし現在は「デジタル上に仕事の拠点を構築すること」が、企業の最重要課題となっている。

 どこにいても仕事ができること求められる今の社会に必要なのは、多様性を受け入れる環境と、素早く柔軟に仕事を進められる方法や手段だ。IT部門のリーダーは、そうした「よりよい働き方」を推進する原動力となって、組織が成長するためのツールやシステムを導入し、有効活用できるよう導いていかなければならない。

 本資料では、「よりよい働き方」の実現に重要な5つのテーマを挙げ、これらがIT部門の意思決定にどう影響するのかを考察する。キーマンの証言や調査結果、世界中のIT部門が新たな課題に取り組んだ例がふんだんに紹介されており、新しい働き方やコミュニケーションのあり方を模索する際のヒントになりそうだ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。