資料の紹介

 インターネットは人類に計り知れないメリットをもたらしたが、その一方で、決して忘れてはならないのが、インターネットは「信頼できないネットワーク」であるということだ。実際、インターネット利用が拡大することで、リモートワーカーがサイバー犯罪の格好の標的となるなど、攻撃対象領域は大きく拡大した。

 サイバー攻撃の回避に有効な策の一つが、「外から見える脆弱性」を最小限に抑えることである。そのためには、組織の外部から見える攻撃対象領域(「エクスポージャー」と呼ぶ)を正しく認識し、ゼロトラストセキュリティの実現を含む対策が必要になる。

 本資料では、1500の組織について「外から見える脆弱性(エクスポージャー)」を観測・分析した結果から、規模別、地域別、業種別などの傾向を明らかにする。当然ながら、企業規模が大きいほどエクスポージャーも多いが、このほかに業種別、地域別、クラウド別といった切り口の分析結果を示している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。