資料の紹介

 一部社員のために用意していたVPNをコロナ禍によるテレワークで他の社員に開放した結果、アクセスが集中して接続不良が発生し、生産性が低下したケースが後を絶たない。まさに“テレワークあるある”だが、このピンチを機に次世代環境への移行に成功した企業もある。

 静岡県で約30万件の顧客に都市ガスを供給している静岡ガスでも、約1900人のグループ従業員を在宅勤務へと切り替えた。しかし、VPNの同時接続数が不足して途中切断が多発。ちょうど通信機器や回線の更改時期を迎えていたこともあり、情報通信基盤の刷新を決断した。重視したのは、強固なセキュリティと利便性に加え、変化に柔軟に対応できる拡張性である。そこで採用したのが、SD-WAN(Software Defined WAN)をベースとしたクラウド型のセキュアWebゲートウエイと社内へのセキュアリモートアクセスの仕組みだ。

 本資料では、情報通信基盤の刷新でVPNの課題を解決した静岡ガスの事例を紹介する。以前のようなストレスを感じることなく、従業員からも高い評価を得ているという。さらに、境界防御型に代わってスタンダードとなりつつあるゼロトラストにつながるセキュリティ基盤を手に入れることにも成功した。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。