資料の紹介

 広島情報シンフォニーは、広島県を起点に中国・四国地方の企業に様々なITソリューションを提供しているIT企業だ。同社が提供しているサービスの1つにプライベートクラウドがあり、最近は、「オンプレミス環境の構築・運用をアウトソーシングしたい」「ハードウエアの運用・保守・更新に煩わされることなくサービスを利用したい」といった顧客からの要望が増えていた。

 そこで同社は、プライベートクラウドのインフラ基盤の刷新を決断。新たなインフラとしてHCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャー)を選択し、高い拡張性とハードウエアの運用・保守・更新の手間の削減を実現した。さらに、HCIを月額・従量制で利用する仕組みを導入してコストを最適化。様々なビジネス要求にも柔軟に対応できるプライベートクラウド基盤を実現した。

 本資料では、広島情報シンフォニーが取り組んだプライベートクラウド基盤刷新のプロジェクトをリポートする。基盤刷新により、多彩なメリットを引き出した事例となっている。「月額・従量制のプラットフォームサービスとHCIの柔軟性・拡張性の組み合わせは、我々が提供するプライベートクラウドサービスに新しい競争力をもたらす」と、同社の担当者も高く評価している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。