資料の紹介

 クライアントPCの管理について、多くの企業の悩みとなっているのが、OSの更新プログラムだ。Windows 10のWindows Updateでは、品質更新プログラムが月に一度、機能更新プログラムが半年に一度配布される。IT部門はそのたびに、社内システムやアプリケーションの対応状況を調べ、ときには動作検証をしたうえで全PCに適用する。この作業に多大な手間と負担を強いられる。

 特にやっかいなのが、30日以内にすべてのPCに適用しなければならない品質更新プログラムだ。台数が多い企業では、すべてのPCに配布しきれなかったり、配布はできても適用に失敗したりして、大きなトラブルにつながることもある。さらにテレワークPCも含まれている場合、更新プログラムの配布や管理はさらに煩雑になる。

 本資料では、PC運用管理の専門家が、Windows Updateの適用に関する課題や、Windows 11にアップデートした後のWindows Updateについて丁寧に解説。さらに、Windows Updateにまつわる課題を解決するというツールについて、その仕組みや導入メリットを、画面例と共に紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。