資料の紹介

 人工知能(AI)は、チャットボットによる顧客サポート、ワークフローの自動化、マーケティング、セキュリティなど、多様な分野で広がっている。実際、様々な製品やサービスにAIが組み込まれ、気づかないうちにAIを活用しているというのが、多くのビジネスパーソンの実感だろう。

 ただし、グローバルにおけるAI導入の実態を把握することはなかなか難しい。例えば、AIを導入している企業の割合、国別のAI導入率、AI導入における障壁、企業が今後検討しているAIの投資先、自然言語処理(NLP)の導入状況、といった実態についてだ。

 本資料は、米国、中国、インド、シンガポール、欧州などの企業に所属するITの意思決定者5501人を対象に、AI導入の実態を調査したリポートだ。それによると、約3分の1が「自社業務でAIを利用している」と回答し、検討中まで含めると、その数は半数近くに上る。また、AIの導入率が最も高いのは中国で、「実装済み」と「検討中」を合わせると8割を超えた。リポートは、AIに関するグローバルでの最新動向と国・地域による違いの両方が分かる興味深いものとなっている。自社のAI導入・活用の参考になるだろう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。