資料の紹介

 デジタル変革に取り組むさまざまな業界の企業が、迅速なサービス提供や先進的なアプリケーション開発の実現に向け、クラウドネイティブ技術の活用に動いている。だが、そこで大きな壁に突き当たる。構成が複雑化し、頻繁かつ動的に変化するシステム環境をいかにして効率よく安全に運用管理するか、という課題である。

 クラウドネイティブなアプリケーションの多くは、マイクロサービスアーキテクチャーで実装される。このタイプのアプリケーションは、リリースを重ねていくうちに、連携するコンポーネントの数が増えたり、サービスの構成や粒度が変わったりする。そのため従来よりも、アプリの構成やサービス間の依存関係を正確に把握することは困難になる。

 本資料では、クラウドネイティブ技術を活用する企業に向けて、複雑なクラウドネイティブ環境をリアルタイムで可視化することの重要性を説明し、具体的なソリューションを紹介する。アプリケーションの稼働や障害発生に対して「可観測性」を確保することは、運用管理担当者がシステムの「振る舞い」を理解する助けになるという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。