資料の紹介

 コロナ禍でオンライン会議が増加し、働く場所も急速に多様化したことにより、従業員が会社支給のパソコンを社外で使う場面は急増している。こうした状況下で、IT管理者と従業員はそれぞれに悩みを抱えるようになった。

 IT管理者は第一に、インターネットに直接つながっている在宅勤務者のパソコンにセキュリティ面の不安を感じている。また、パソコンに障害が発生した際、出勤して対応する必要があることに不満を覚えているかもしれない。一方で従業員側からは、支給されたパソコンの性能が低く、Web会議やリモート作業に支障をきたしているという声も聞こえる。

 本資料では、テレワーク環境におけるPC管理を省力化する手段として、4つの機能を備えたプラットフォームを提案。様々な管理機能やセキュリティ機能を詳しく紹介する。社外に持ち出されたパソコンを効率的に管理するための具体的な設定・運用方法を、画面例と共にわかりやすく説明する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。