資料の紹介

 データ侵害によって組織が被るコストは、年々増大する一方だ。近年では、働き方改革やコロナ禍によるリモートワークの導入や、クラウドアプリケーションの普及が進んだことでサイバー攻撃のターゲット領域が拡大。それに伴い、データ侵害のインシデント数も、1件当たりの被害額も増加している。

 米調査会社が日本を含む17の地域で実施した大規模調査によると、データ侵害コストが最も高かったのは「顧客の個人情報」であり、2020年は1件当たり161ドルだったものが2021年には同180ドルと増加傾向にある。日本では2022年4月に施行された改正個人情報保護法で企業への罰則が強化されたが、これもコスト増の要因になるだろう。

 本資料では、IT部門、リスク管理およびセキュリティ管理に携わるリーダー向けに、データ侵害で発生するコストを増加/軽減させる要因について解説する。さらに、ゼロトラストアプローチの進展、クラウド起因のセキュリティリスク、パンデミックによるリモートワークの加速といった要因についても分析している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。