資料の紹介

 2023年10月1日から、消費税の仕入税額控除の方式としてインボイス制度(適格請求書等保存方式)が開始される。仕入税額控除を受けるためには「適格請求書発行事業者」が発行した「適格請求書(インボイス)」の保存が必要となり、適格請求書発行事業者以外から仕入れた場合には、原則として仕入税額控除が適用されなくなる。

 インボイス制度開始に向けて、企業はいつからどのような準備を行う必要があるのだろうか。また、制度導入に伴い、経理業務はどの程度変わるのか。もし、経理部門への負担が増加するのであれば、それを軽減するための手段も知りたいところだ。

 本資料では、インボイス制度の概要から導入スケジュール、企業が対応すべき内容まで、具体的な例を挙げながら解説する。業務を正確かつ効率的に行うためには請求書関連業務のデジタル化が望ましい。その際に必要となる電子帳簿保存法への理解と対応準備に役立つ情報も提供する。経理部門への負担を最小限に抑えるための支援ツール情報も得られる資料となっている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。