資料の紹介

 生産設備、ガスタービン、電力の変電設備といった様々な設備を「デジタル接続」する取り組みが広がっている。狙いは、運用状況に関するリアルタイムデータを継続的に提供し、運用と保全の従来型モデルの刷新を促して、リソースの効率的利用とコスト削減に結びつけることだ。

 一方、デジタル接続されたスマートな「つながる設備」は複雑なものになりがちだ。そのため、事業継続性との両立が課題になる。設備を効率よく運用し続けることも容易ではない。さらに、こうした設備や機器を制御するためのソフトウエアについては、例えばセンサーが故障したときに何を実行すべきかなど、新たに管理すべきことも出てくる。

 本資料では、生産設備やインフラ設備をスマート化し、事業の効率や継続性を向上させるためのポイントについて解説する。欧州第3位の規模を持つオランダのアムステルダム・スキポール空港や、掘削装置・建設機械のグローバルメーカーの取り組みを紹介しながら、AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)、デジタルツインといったデジタル技術を事業変革に結びつけるための要点を、3人の専門家が説明する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。