資料の紹介

 パンデミックにより在宅勤務が急速に浸透したことで、ネットワーク運用管理の課題が深刻化してきた。IT部門の多くは複数のツールを使っているため、ネットワーク全体の状態を可視化できず、トラブル対応も手作業頼みの対症療法的なものになりがちだ。結果として、ユーザーが期待するサービスレベルを実現できずにいる。

 加えて現在では、在宅ワークとオフィスワークを組み合わせたハイブリッドワークが主流になりつつあり、より複雑な環境で安全と生産性を維持する必要がでてきた。その一方で経営層は、迅速なデジタル変革の実現も求めており、ネットワークの運用管理に多くのリソースを投入することは難しい情勢だ。

 本資料では、ネットワーク管理の煩雑さを解消し、運用管理やセキュリティ対策の課題を解決する手段として、AI搭載のクラウド型ネットワーク基盤サービスを紹介。ユーザー企業へのヒアリング調査などから、同サービスの導入によって運用効率や俊敏性、コストにどのような効果があったかを検証している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。