資料の紹介

 多くの企業では、現在でもクラウド以前に開発された様々な独自システムが稼働している。その多くは、OSやミドルアウエア、アプリケーションが密に結合しているため、機能の拡張・変更が難しく拡張性に乏しい。このため、顧客ニーズやビジネス環境の変化に素早く対応してシステムを柔軟に作り替えることは困難だ。

 そこで注目されているのが、クラウドネイティブアーキテクチャーである。コンテナやKubernetesなどの最新テクノロジーを用いてビルド、テスト、デプロイのサイクルを高速で回し、システム開発・運用の生産性を大幅に向上することのできるアーキテクチャーだ。ある調査によると、1日に複数回のデプロイを行って、1日未満で本番環境へ変更を適用し、サービスの復元を1時間未満で完了することも可能になるという。

 本資料は、既存アプリケーションをクラウドネイティブアーキテクチャーへ移行するためのガイドラインである。必要になるテクノロジー、考え方、組織、セキュリティなどを整理・解説している。複数年かかる“ビッグバン”的な移行ではなく、日常業務を回しながら段階的に移行する現実的な方法が解説されている点に注目したい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。