資料の紹介

 ITがビジネスの生命線と言われるようになって久しい。しかし、旧来のシステムや継ぎはぎだらけのプロセスを機能させることに多くの時間と手間をとられ、本来やるべきことに専念する余裕がなくなっていたり、イノベーションの妨げになっていたりする企業も少なくない。

 例えば、ITサービスがサイロ化しているために運用負荷が大きくなり、トラブル対応にも時間がかかってしまう。また、イノベーションの推進や開発期間の短縮、コスト削減、優れた顧客体験といった重要課題を実現できていない。あるいは、サイバー攻撃への対応、部門間でのツールやプロセスの連携に苦心している企業もあるだろう。

 本資料では、大手企業においてテクノロジー活用体制の成長を促進するために不可欠な4つの達成目標を示したうえで、それらを実現する際に重要な3つの指針について述べる。さらに、関連する課題や解決策、アクセンチュアなど3社の取り組みも紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。