資料の紹介

 デジタル時代を生きるユーザーは「止まらないサービス」を求めており、サービス提供側の企業にとっては1分1秒の遅れが莫大な損失につながる。このため、トラブル時の迅速な原因究明と問題解決は最重要事項だ。しかしITシステムは複雑さを増しており、原因の切り分けが難しいという現実がある。

 現代のシステムはサーバー、ストレージ、ネットワーク、マルチ/ハイブリッドクラウド、コンテナなど、下層から上層まで高度なコンポーネント(構成要素)が緊密に連携している。わずかな連携の行き違いがトラブルを招くことを考えると、目に見える形での交通整理が必要になってくる。つまり、サービス全体を一元的に可視化するソリューションが求められているのだ。

 本資料では、AI(人工知能)や機械学習を用いたサービス可視化ソリューションを紹介する。インテリジェント機能によって自動的にサービス提供過程を可視化することにより、変更に伴うサービス停止の防止、リスクの優先順位付け、事業継続性の強化などが可能になるという。さらに、クラウドベースのソリューションのため、わずか数日間で可視化を利用できるのが強みだとしている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。