資料の紹介

 メールでファイルを送る際に、パスワード付きZIPとパスワードを送る、いわゆるPPAPをセキュリティ対策として採用している企業は多い。だが、昨今、国内外で被害が多発しているマルウエア「Emotet」に関しては、PPAPの脆弱性を利用した事例も報告されており、「脱PPAP」は喫緊の課題となっている。

 脱PPAPは一見、簡単にも思えるが、見落としやすいポイントもあるので注意深く進めたい。PPAPを廃止して代替策を整備する際には、セキュリティ対策と利便性をどう両立させるか、社内の運用ルールをどのようにするかも重要だ。利用者の手間が増えてしまうようだと、脱PPAPがとん挫しかねない。

 本資料では、PPAP廃止の流れに至った要因と、脱PPAPに取り組む企業のための実践的な指針を紹介する。「脱PPAPがなぜ今、進められるようになったのか」「脱PPAPを進めたいが、何から始めたらよいのか」「脱PPAPの具体的なツールや方法は?」といった疑問に答える内容だ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。