資料の紹介

 ある調査によると、80%以上のビジネスリーダーが今後、部分的にでもテレワークを続けると回答している。企業は、従業員がオフィスや自宅に分散している前提で働く環境を整備しなければならない。そこで必要になるのがコミュニケーションの変革だ。特に重要な役割を果たすのがビジネスチャットツールである。

 ただし、ビジネスチャットは対面コミュニケーションの単なる代替手段ではない。それを超えた様々なメリットがある。例えば、会議を減らして時間とコストを節約できる、メールが抱えるセキュリティリスクを下げられる、コラボレーションを強化して顧客体験を向上させられる、といった効果を期待できるのだ。

 本資料では、ビジネスチャットツールの様々なメリットを詳細な調査に基づいた具体的な数値としてリポートする。中でも、同ツールのROI(投資収益率)は338%という驚くべき数値を挙げる。つまり、投資の約3倍もの収益が得られるというのだ。そのほかにも、87%の企業で社内開発者の生産性が向上したと感じているなど、具体的な数値を使ってビジネスチャットの様々な利点を解説している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。