資料の紹介

 ランサムウエアは今日も進化を続け、そのターゲットも戦術も拡大している。これまで被害に遭っていなかった企業であっても、様々な手口のサイバー攻撃に対し、どのような対策を講じているかが問われる局面には備えておくべきだ。

 今日のランサムウエアはバックアップデータもターゲットとするようになった。攻撃の手口も「データの暗号化」に「データ流出」が加わるなど、従来のバックアップ&リカバリだけで対抗することは難しく、イミュータブル(変更不能)バックアップやデータ隔離、早期検知といった新たな手段が必要になってきた。

 本資料ではまず、ランサムウエアによる被害範囲が拡大している現状を説明。そのうえで、ランサムウエア攻撃からデータと信用を守るために企業が取り組むべき5つの重点ポイントを解説する。自社のランサムウエア対策の有効性を確認するためのチェックリストも収録している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。