資料の紹介

 コロナ禍を機に、ハイブリッド/マルチクラウドへの移行、SaaSの導入などITインフラを取り巻く環境は劇的に変化している。しかし、利便性の向上に伴い、企業内で分散化・複雑化するデータを適切に保持する難しさも浮上した。

 事実、事業継続のために最も重要といえるバックアップやリカバリーの領域では、既存のツールでは太刀打ちできないケースが多発している。レガシーシステムは専用のバックアップ製品が主流であり、それぞれ固有のソフトウエアパッケージで対応しているからだ。製品によっては、仕様のベース設計が数十年前に遡るものもある。これでは、現代のビジネス要件や絶え間ない進歩に追い付くことは非常に困難である。

 本資料では、デジタル時代を乗り切るためのバックアップとリカバリーをどのように再構築すべきかを紹介する。企業が直面する課題のほか、最新ソリューションの評価基準、クラウドネイティブなアプローチ、ランサムウエア攻撃に対する防御までタイムリーな視点で詳細に解説している。加えて、ベンダーに尋ねるべき想定質問を項目ごとに掲載する。バックアップシステムの再構築を考えている企業には、大いに参考になるだろう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。