資料の紹介

 過去の経験や勘に頼るのではなく、データを分析して正確で効率的な意思決定ができるかどうかが、企業の競争力に直結する時代になった。実際、大手企業を中心に、経営判断のほか、営業や人事といった業務にデータ分析ツールを活用することが一般的になりつつある。

 だが、うまく使いこなせるかどうか不安、分析作業をIT部門や専門家にいちいち依頼するのが面倒、といった理由で、データ分析ツールの導入に踏み切れない企業も少なくない。ツールを導入したものの、分析したいデータが基幹システムや部門システム、PCなどに分散しており、活用が難しいというケースもある。

 本資料では、BI(ビジネスインテリジェンス)ツールを活用した業務の効率化や改善に早くから取り組む2社のビフォー・アフターを紹介する。キリンホールディングスは人材管理にBIツールを適用して、人事面談の準備を大幅に効率化。建機レンタルのサコスは社内外のデータを融合。営業戦略立案業務を一新した。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。