資料の紹介

 新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより、多くの企業がテレワークの導入を加速、働き方改革は一気に進んだ。だが、その一方で、サイバー攻撃から防御すべき境界線が拡大したうえ、急ごしらえのテレワーク環境の「穴」を狙う攻撃が増加。セキュリティリスクが増大した。

 2021年におけるサイバーセキュリティ上の最も大きな脅威は、活動を休止したはずの「Emotet」の復活だろう。2022年に入ってからも、Emotetによる多くの被害が報告されている。業種別にみると、ソフトウエア・ベンダーへの攻撃が、ソフトウエア・サプライチェーン攻撃と歩調を合わせるかのように増えていることが分かる。

 75ページにわたる本資料では、2021年に観測されたサイバー攻撃の主要な経路や手法を明らかにし、新世代の巧妙なサプライチェーン攻撃の手口から、数十万もの企業を侵害の危険にさらしたApacheの脆弱性の悪用までを、セキュリティ専門企業の研究者が網羅的に解説する。サイバー事件を月別に要約し、クラウドやモバイルにおける新たなトレンドを掘り下げている。巻末にはマルウエア46種の解説も収録した。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。