資料の紹介

 アフターコロナに向けて、テレワークとオフィス勤務を組み合わせたハイブリッドワークが広がりつつある。一方で深刻になっているのがサイバー攻撃だ。特にテレワークで使用するエンドポイントが狙われ、ランサムウエアなどの被害に遭うケースが増えている。

 こうした状況に対して、従来のセキュリティ対策は限界を迎えている。テレワーク端末はもちろん、クラウドサービス、ネットワーク通信、IoTデバイスなど、保護対象が圧倒的に増加・複雑化しているからだ。ただし、1つひとつの課題に対して個別に対応すると「セキュリティ対策のサイロ化」が発生し、対策そのものが複雑になって運用が回らなくなる。いったいどうすればいいのか。

 本動画では、データレイクとAI(人工知能)を活用することでセキュリティ対策のサイロ化を防ぎ、運用負荷を低減しつつ効果的なセキュリティ対策を実現するソリューションを解説する。ネットワーク、エンドポイント、クラウドなどから関連するログ/アラートを自動的に取得・統合して、インシデントごとに分かりやすく画面表示するデモも披露。アフターコロナに向けた新しいセキュリティソリューションの1つとして参考にしたい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。