資料の紹介

 次に何が起こるかをもっと正確に予測できれば、より賢明な意思決定をし、市場投入までの時間を短縮し、競合他社を圧倒できる。成功するデータ・サイエンス戦略の策定と実行は、今後、ビジネスで先行する企業になれるかどうかを左右する大きな要因となることは確かだ。

 予測分析は新しい概念ではない。統計学者は長年にわたり、決定木や線形回帰、ロジスティック回帰といった手法でデータの相関を調べ、分類し、予測を立ててきた。だが近年、機械学習と深層学習の飛躍的な進歩により、これまで現実的でなかった領域でも予測モデルの出番が増えている。

 本資料は、最新の予測分析のすう勢と、AI(人工知能)によるビジネス強化の機会について解説した後、データ分析チームと業務部門の双方が、もっと早く成果を得るための支援ソリューションを紹介する。金融、エネルギー、政府、製造、小売り、食品など11業種におけるユースケース、用語集も収録している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。