資料の紹介

 課税文書を作成する際、印紙税を納付するために収入印紙を貼付する。取引金額が100万円以下の領収書やレシートなど、日常取引では200円の収入印紙がよく使われる。実はこの収入印紙、貼付を省略できたり、印紙税自体が非課税になったりする場合がある。

 ポイントの一つが、売上代金の領収書の記載方法だ。消費税額が明確に記載されているかどうかによって、印紙税の対象になったり、対象にならなかったりする。また、紙の領収書か電子領収書かによっても、取り扱いが変わってくる。同じ電子領収書でも、条件によって変わる場合もある。では、どうするのが良いか。

 本資料では、領収書の種類や記載方法による印紙税の違いについて、具体的に分かりやすく解説する。領収書に貼付する収入印紙の基本を正しく理解することで、印紙税の納付漏れ防止にもつながるし、印紙税を軽減できる可能性も知ることができる。資料を見て、収入印紙の基本を今すぐチェックしよう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。