資料の紹介

 多くの組織がDX(デジタルトランスフォーメーション)に取り組んでいるが、ある調査によると成功している組織は3分の1にすぎないという。その一方で、成功する組織には共通点があるとされる。それは、DXの3つの柱である「データ分析とデータサイエンスの民主化」「ビジネスプロセスの最適化と自動化」「人材のスキルアップ」の実践だ。

 「データ分析の民主化」は、専門的なスキルがなくても誰もがデータに簡単にアクセスでき、AI(人工知能)や機械学習を活用して分析できるようにすること。「プロセスの最適化・自動化」は、既存の業務プロセスを評価・分析し、それを最適化・自動化すること。そして最後の「スキルアップ」は、自発的に能力を向上させていると感じられるよう意識改革を促すことである。

 本資料では、DX成功に必要な「データ」「プロセス」「人材」の3要素を統合し、1つのプラットフォームで実践できるソリューションを解説する。従来は様々なツールを使い分ける必要があったが、テクノロジーの進化により、統合プラットフォームで分析、データサイエンス、プロセスオートメーション、AI、機械学習を一気通貫で実行できるようになったとしている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。