資料の紹介

 コロナ禍により、テレワークを導入する企業が急増した。働き方改革の一環として従業員の支持を集める一方で、安定した回線の確保やセキュリティ対策に頭を悩ませるシステム部門も少なくない。

 札幌テレビ放送(STV)もその1社だった。社内で使う約700台のPCのほとんどが据え置き型で、持ち出しも禁止。このため新型コロナの感染拡大期には、緊急避難的にRDP(Remote Desktop Protocol)を使って社内PCに接続することにした。しかし現場からは、「Web会議ができない」「動きがカクカクする」といった不満の声が続出。そこで同社は、400台のPCをSIMカード内蔵のモバイルPCに置き換えることを決めた。

 本資料では、札幌テレビ放送によるモバイルPCの導入事例を紹介する。レンタル方式により初期コストを抑えたことに加え、高セキュリティのテレワーク環境を実現した。具体的には、データ損失に備えて強制的にクラウドストレージにデータを保存する仕組みや、エンドユーザーに管理権限を与えずにアプリケーションをインストールする仕組みを採用。これにより、災害時でも放送継続が必要な報道機関ならではの環境を整えられたとしている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。