資料の紹介

 会社でネットワークを使っていて、「なんだか遅かったが、自然に解消していた」という経験のある人は多いのではないだろうか。IT部門が原因を究明しようとしても、通信ログの解読に時間がかかったり、専門知識が必要なツールを使いこなすのが難しかったりして、わからないままになっていることも多いだろう。

 だが、ネットワークの遅延を放置しておくと、ネットワーク輻輳(ふくそう)により、いずれネットワーク障害などの被害が発生する恐れがある。ネットワーク輻輳とは、通信が1カ所に集中して混雑した状態を指す。これを未然に防ぐには、通信量の過剰な増加や帯域使用率のひっ迫を迅速に検知する仕組みが必要となる。

 本資料では、ネットワーク帯域について「いつ、誰が、どんな通信を、どれだけしたか」という帯域の可視化を実現することで、ネットワーク輻輳の原因となっている通信を迅速に特定できるソフトウエアツールを紹介する。直観的なインターフェースを備えているので、簡単なマウス操作を中心に運用できるという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。