資料の紹介

 コロナ禍によって人材市場は大打撃を受けた。例えば、世界中で5400万人の女性が労働市場から姿を消したというリポートがある。米国では、国境の閉鎖により移民の受け入れが止まり、雇用主が影響を受けている。高給の仕事を求めて離職する従業員は相変わらず多い。こうした中で人事部門には、かつてないほどに人材定着の課題が突きつけられている。

 離職者数を減らし、定着を促すにはどうすればよいか。そのためには、従業員が「価値を認められている」「サポートされている」と感じ、将来にわたってとどまりたくなる会社にする必要がある。キャリア開発も重要だ。従業員の43%が「キャリア開発の機会が得られるのならば、給与を引き換えにしてもよい」と考えているという調査結果もある。

 本資料では、従業員の定着率向上に必要な対策について解説する。重要なポイントとして、従業員の育成、柔軟な社内異動、従業員に重点を置いたテクノロジー、人を最優先にするリーダーシップを挙げている。AI(人工知能)などの先端デジタル技術を活用して、継続的なコミュニケーションを取り従業員の感情に寄り添うことが、これからの人事戦略には必須と言えそうだ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。