資料の紹介

 「仕事は見て覚えろ」といった、具体的でない精神論ばかりの指示。自分の経験や勘に頼り、成果も個別管理のExcelファイルやメールで報告。いずれも昔からよくある営業スタイルだが、これでは優秀な営業担当者やベテランに依存したチームとなり、若手や後進の育成に生かすことができない。

 営業現場での課題を放置したまま「今までのスタイル」に固執していては、いずれ経営の課題につながる。それを防ぐためには、SFA(営業支援システム)を導入し、データの集約と分析を可能にするのが有効だ。SFAを活用することで、過去の事例や類似案件を参考にした提案力の向上が見込める。チームとしての共通認識も生まれ、コミュニケーションも円滑になる。

 本資料は、従来の営業スタイルにありがちな課題と、SFAの活用によってチーム力を高める方法について解説する。「古き良き」とは言えなくなった営業スタイルから脱却し、仕組みと意識を変えるために必要なことは何か。まずは、資料を参考に課題の洗い出しをしてみよう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。