資料の紹介

 従業員に配布する業務PCについて多くの企業は、社内ネットワーク内での利用を前提とした「標準PC」を定めて、その複製を社内へ展開してきた。利用可能な業務PCは限られるが、画一的な環境での勤務を前提とすれば、合理的な手法だといえる。

 しかし、状況は変わりつつある。コロナ禍もあってテレワークが広がり、さらに在宅勤務だけでなく従業員が働く場所を柔軟に選ぶ時代が訪れる可能性が高い。こうした新しい働き方では、社内ネットワーク外から社内システムにアクセスすることが一般的になる。また、業務PCの利用シーンも変わる。従業員ごとに最適な働き方は異なるため、最適な業務PCも変わってくる。働き方の多様化によって、業務PCにも多くの選択肢が求められるようになるだろう。

 本資料では、働き方の多様化に対応するクラウドベースのPC管理手法について解説する。組織のセキュリティ要件に基づいたコンプライアンス管理やアクセス管理を確実に実施しながら、従業員一人ひとりに最適な環境を柔軟に提供できるという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。