資料の紹介

 DX(デジタルトランスフォーメーション)を実現するアプリケーションやシステムの開発では、市場の変化に素早く対応し、迅速に更新し続けることが求められる。そこで注目されているのがノーコード/ローコード開発ツールだ。ノーコードはコードを書くことなく、ローコードは少ないコードでアプリやシステムを開発するツールである。

 ただし、ノーコード/ローコードツールでアプリを開発すればそれで終わりというわけではない。既存システムやクラウドサービスとの連携も必要となるからだ。実際は、コーディング不要な「開発ツール」と「連携ツール」の両方を使い、システム構築や変化への対応をスピードアップすることが肝要である。

 本資料では、ローコードの開発ツールとノーコードの連携ツールの組み合わせを提案する。細かい要望やカスタマイズにも対応できるローコードツールで作成し、SAPやSalesforceなど様々な業務システムやクラウドサービスとの連携をドラッグ&ドロップで可能にするノーコードツールを使う。これにより、高品質なアプリやシステムを高速に開発できるとしている。現実的で効率的な開発手法として参考にしたい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。