資料の紹介

 Webサイトが遅いと、ビジネス機会の損失や顧客満足度の低下につながることはよく知られている。だが、ネットワークやアプリの専門知識を持つ人材が少なく、ユーザーに影響が出てから障害発生を知り、対応がいつも後手に回っている企業は少なくないだろう。

 かといって、高価な監視ツールを導入しても、運用を開始するまでに時間や手間がかかったり、Webサイトの性能を可視化するためにプログラム作成などの専門知識が必要だったりすると、宝の持ち腐れになりかねない。わかりやすい監視画面や多彩な通知方法、リポートなどでアプリケーション管理者の手間を削減し、効率化できるツールが求められる。

 本資料では、専門知識不要でWebサイトを監視し、Webページやアプリケーション、ミドルウエアの動作を可視化できるツールを紹介する。様々な対象の性能をエージェントレスで一元監視し、ダッシュボードやリポートでグラフィカルに表示することで、トラブルを未然に防止し、エンドユーザーの不満が顕在化する前に対応できるようになる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。