資料の紹介

 サステナビリティーは多くの企業の最重要課題になっているが、「言うは易く行うは難し」である。世界32カ国の企業経営層1958人に対する調査で、炭素排出量実質ゼロの目標を設定しているとの回答は73%に上ったが、サステナビリティーを最優先課題と考える企業のうち、目標の達成に成果を上げていると回答したのは50%にすぎない。

 では、企業は目標の達成に向けてどう行動すべきか。この調査では、サステナビリティーの推進状況に応じて、調査対象企業を「先駆者」「努力家」「傍観者」「停滞者」の4つに分類。先駆者に分類される企業が、サステナビリティーを企業戦略の中心に据えながら、DX(デジタルトランスフォーメーション)との統合を推進する姿を浮かび上がらせている。

 本資料では、世界の企業経営層に対する調査を綿密に分析するとともに、日本の消費者に対する意識調査なども踏まえながら、製造業のサステナビリティー推進を成功に導くポイントについて明らかにしていく。環境負荷を低減しながら、ビジネスパフォーマンスをどう高めていくか。先進企業の取り組みについて、量子コンピューティング活用などの事例を複数紹介している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。