資料の紹介

 コロナ禍による巣ごもり需要の拡大もあり、EC市場の成長が著しい。それと呼応するように、深刻な人手不足に陥っているのが倉庫・物流・小売業界だ。そこで、急ピッチでITによる業務効率化を進めている。例えば、倉庫管理システムによる出荷準備やピッキング、セルフレジ導入やECサイトとリアル店舗のシステム連携などだ。

 ただし、IT活用が進むにつれてシステム障害発生時の影響も大きくなっている。特に最近は、クラウド上でシステムを構築したり、オンプレミスのシステムをクラウドに移行したりするケースが増えた。このためクラウドに障害が起きると、ビジネスに甚大な被害が発生してしまうのである。

 本資料では、安定的に稼働する高可用性(HA)システムをクラウドで構築する方法と、それを実現するHAソリューションを解説する。クラウド利用で考えられる障害対策や可用性確保のパターンを整理。そのうえで、障害発生時に自動的に待機系に切り替えられるHAクラスターソフトと、稼働中のサーバーからデータをリアルタイムに待機系へ複製するソフトを紹介する。これらは全世界で8万ライセンスの実績を持ち、クラウド上での導入実績も豊富だとしている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。