資料の紹介

 ここ数年の働き方改革の流れに合わせて、業務プロセスの管理や改善を目的として、BPM (Business Process Management) を導入し、業務処理全体のモデル化、最適化を図るケースが増えてきた。BPMを導入することで、業務の標準化や共通化、システムの標準化が図れるうえ、コスト削減も期待できる。グローバル展開をしている企業を中心にBPM導入が進んでいたが、ツールの普及により導入を進める企業が増えてきている。

 そして、最近ではBPMにRPAを組み合わせた連携ツールも登場。業務プロセスのなかで自動化可能な定型業務をRPAに委ね、さらなる業務のスピード化と生産性の向上を目指すという。本特集では、RPAとの連携を実現する最新ツールをはじめ、BPMの最新動向について紹介。RPAが連携できるようになれば業務オペレーションの大幅な効率化がもたらせるだけに、資料をダウンロードいただき、今後のビジネス戦略検討の一助としてもらいたい。