資料の紹介

 特定の企業や組織を狙ってサイバー攻撃を行う「標的型攻撃」。機密情報や知的財産を狙うため、従業員のPCやスマホを踏み台として社内ネットワークへの侵入を行うものが一般的とされる。攻撃者の攻撃手法はますます巧妙化しており、Webサイト経由での標的型攻撃である「水飲み場攻撃」と呼ばれるもの、ファイル名や拡張子の偽装など、いま現在も進化を続けており、ユーザーへの注意喚起だけでは防ぎきれない状態となっている。

 刻一刻と変化するサイバー攻撃のトレンドに打ち勝つためには、標的型攻撃への十分な対策を施したソリューションの導入が不可欠。特にテレワークでの業務が日常的となりつつある現在、社外に持ち出したデバイスへのセキュリティ対策も急務となっている。

 本特集「標的型攻撃対策」では、最新のアンチウイルス対策を施せるソリューションに関する資料を用意。なぜ従来型のアンチウイルス製品を使い続けることが問題なのか。そして最新のアンチウイルス製品によって標的型攻撃対策が図れるのかなど、リスク対策を考えるうえで知っておくべき情報が揃っている。