資料の紹介

 働き方改革による業務時間の抑制、テレワークによる在宅勤務の常態化。この2つが契機となって、多くの企業で業務の進め方の見直しや業務の効率化が叫ばれるようになっている。いままでと同じ業務量を限られた時間でいかに業務的に処理できるようにするか。この課題に対する最適解として挙げられるのが、業務プロセスの課題を分析し、継続的な改善を行っていくBPM (Business Process Management) の導入。さらにプロセスの可視化を行うことで、自動化が可能な定型業務があればRPAを組み込むことで、業務のスピード化と生産性向上も図ることが可能となる。

 BPMの実施にあたって成功のカギを握るのは、適切なツール選びはもちろんのこと、業務プロセスの分析や現状把握といった洗い出し作業と可視化に向けた作業。本特集ではBPMの実施に向けて、どのようなステップで取組みを進めていくべきか、RPAの連携はどうあるべきかなど詳しく解説。デジタルトランスフォーメーションの推進に向けて、業務プロセスは今後も分析や見直しが求められるもの。継続的な業務改革を実現するBPMの役割はますます広がるはずだ。