資料の紹介

 新型コロナウイルスと共生する「ウィズコロナ」の時代に入りつつある。これまでとは違う仕事の進め方が求められる場面も増える。既存業務を改善したり最適化したりといった「業務変革」をできない企業は、ビジネスを成長させられなくなってしまう恐れがある。

 ただ、業務改革は平時ですら難しい。特にプロジェクトの成否を分ける上流工程の難易度が高い。企業活動は経営企画や営業、製造、会計など数多くの業務プロセスが連鎖して成り立っている。そのうえ、個々の業務プロセスは人材、ルール、ITが混然一体となっている。業務改革の上流工程では、これを解きほぐして問題点を発見し、最適な姿にするための施策を立てなければならない。

 本資料は、業務改革の上流工程を「現状把握」「現状分析」「施策立案」の3ステップに分解。各ステップの進め方や注意点、分析用資料の作成例などを解説する。既存業務の棚卸しから施策の立案まで、業務改革の基本をロジカルに理解できる。業務改革に悩む多くの企業にとって、有益な資料となるだろう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。