資料の紹介

 地震や風水害などの緊急事態発生時に、被害を抑えつつ事業継続や早期復旧を可能とするための計画である事業継続対策(BCP)。日本でのBCPといえば、地形や地理、気象などの自然条件による自然災害の多さから、必然的に自然災害に寄った計画が中心となっていた。しかし、新型ウイルス感染症の世界的大流行は、これまでのBCPに大きな課題を突き付けてきたといえる。実際に感染症対策による行動・外出の制限や休業要請によって事業継続に支障を生じた企業も少なくない。平時からの周到な準備を行うことの重要性を改めて認識した方も多いのではなかろうか。

 今後いかなる災害が生じても事業の継続・早期復旧を図れるようにするのが望ましい。そのためにはBCPはどうあるべきか。本特集では「BCP/危機管理ソリューション」をテーマに、従業員の安全を確保しつつ緊急時の事業継続や早期復旧を可能にするためのシステムやソリューションを紹介。遠隔地でも円滑なコミュニケーションを実現する情報共有ツールやコミュニケーションツールは、テレワーク実施時でも導入効果が期待できることから積極的に検討したい。