資料の紹介

 業務効率の向上やテレワークを含む働き方改革、サービス品質向上の手段として欠かせない存在となってきたクラウドサービス。しかしクラウドサービスの活用が広がったことで、従来型のセキュリティでは安全を担保できないという新たな課題が生じている。

 いつでもどこでも、クラウド上のサービスやアプリケーション、データに安全にアクセスするためのセキュリティワークとして提唱されたのがSASE (Secure Access Service Edge) である。SASEは、デバイスや利用者のロケーションに依存しないセキュリティの実現を目的としたもの。デジタルトランスフォーメーションの推進に向けてビジネス環境が大きく変わっているなか、従来型のセキュリティに代わる新たな仕組みとして注目を集めている。

 新しいセキュリティの形ともいえるSASEについて、本特集では支援サービスの最新情報や実際の取組み例について詳しく紹介した資料を用意。利用範囲がますます広がるクラウドサービスを安全に活用するためにも本特集にてSASEに関する基本的な理解を深めていただき、課題解決のヒントを見つけてほしい。